オーストラリアのワーキングホリデーと現地でのアルバイト

ワーキングホリデービザを使った滞在先として、高い人気を誇るのがオーストラリアです。ただ、ワーキングホリデービザを取得しても、オーストラリアで仕事が見つかるか、不慣れな英語で仕事ができるか不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、まずオーストラリア専門のエージェントに相談をしてみることがおすすめです。

エージェントに依頼をするメリットは、オーストラリアへの渡航や帰国、現地での語学学校の手配など様々なサポートを受けられることです。そんなサポートの中には、ワーキングホリデービザで滞在中の仕事探しも含まれています。一人で仕事探しをするのは大変ですが、エージェントに手伝って貰えば、初めてオーストラリアに行く人でも英語に慣れていない人でも、無理なく仕事探しをすることができます。言葉が通じない環境での仕事に対して不安を感じる人もいますが、オーストラリアの人は留学生や移民に優しい人が多く、安心して働けることが殆どです。それでも、言葉に対する不安を感じる場合は、皿洗いや農場のお手伝いなどから始めてみると良いでしょう。留学生でも気軽に始められる仕事が多いことも、オーストラリアの魅力のひとつとなっています。

充実したオーストラリア生活を楽しむのに最適なワーキングホリデー

短期間の旅行ではなく、オーストラリアでしばらくの間、生活者として暮らしてみたいという希望があるなら、ワーキングホリデーのプログラムを活用しましょう。特に、ある程度、社会人経験がある方は、完全に仕事から離れて、語学留学のためだけにオーストラリアで1年、2年といった長い期間を過ごすことには、少々物足りなさを感じる可能性が高いです。その点、ワーキングホリデーであれば、現地では学生ではなく、働く人兼休暇中の人というのがメインのアイデンティティになります。その傍ら、語学学校で英語にも磨きをかけるというライフスタイルになるので、異文化の世界の中でも、社会人としてコミュニティの一員になりたい方にとっては、大満足のはずです。
オーストラリアでのワーキングホリデーに参加する場合、早めに留学エージェントに相談しましょう。オーストラリア留学を専門に手掛けて10年以上にわたるサポート実績を持つ優れたエージェントがありますので、渡航手続きから現地での生活についてまで、何でも相談に乗ってもらえます。現地には、日本人のサポートスタッフもいるので、渡航後に生じた問題や悩みについては、オーストラリア現地でも、エージェントに相談することができます。

現地での収入を見込めるオーストラリアのワーキングホリデー

海外で1年程度生活する場合、目的や利用するプログラム次第で、用意すべき資金の金額は変わってきます。例えば、語学の上達を目的に英語圏で1年過ごすとしたら、普通は、その1年間の現地生活費と学費は、出発前に全て貯金するか、奨学金を受けて、現地で収入が途絶えないようにする等の準備が必要です。しかし、渡航先としてオーストラリアを選び、かつワーキングホリデープログラムで現地に渡航する場合は、話が全く変わってきます。現地で働いてお金を得ることが出来る分、渡航前の資金繰りが随分楽になるのです。
ワーキングホリデープログラム参加者という立場で、オーストラリアで具体的にどんな仕事に就くことが出来て、どの程度稼げるのかについては、留学エージェントに相談してみると、詳しい話を聞けるでしょう。現地での仕事のことは勿論大切ですが、まずは、オーストラリアでのワーキングホリデー全容について、しっかりエージェントから説明を受けましょう。現地での生活や語学学校の入学手続きなど、全てにおいてエージェントに相談しながら進めると、スムーズに準備ができるのでおすすめです。
留学エージェントのサポートがあれば、安心してワーキングホリデーに参加することができるでしょう。